All archives    Admin

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク



--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.14 (Mon)

めざしたのは究極の洗顔料。「洗顔マニア」のための無敵の“泥練洗顔”♪

itten cosmeのモニターに参加しています。


洗顔料には特別こだわりのなかった私ですが、
今回、“究極の洗顔料”というフレーズに惹かれ、モニターさせていただいたのがこちら★


泥練洗顔

IMG_4582.jpg
120g   1,890円


洗顔料に求めることって何?
それは、間違いなく『洗浄力』ですよね☆(*´・ω・`)


そこで、itten cosmeさんが着目したのが泥のパワー


ミネラルが含まれていて、吸着力があり、
肌に負担をかけずに洗えるということで洗顔料としてかなり優秀な成分である泥。



でも、ただ泥が入っていればよいということはなく、
目指したのは、
きめ細かな粒子が汚れを根こそぎ吸い取り、
さらに天然のミネラル成分配合で
うるおいを守りながら肌に負担をかけずに洗いあげる
理想的な泥洗顔。





そんな極上の洗い上がりを実現するために、
泥の成分と配分量にもこだわりました。


厳選された6種類の泥
異なる性質の6種類を厳選し、ベストなバランスで配合。



さらに引き締め成分として、ルビーソルト(ミネラルを含んだ岩塩)や、
潤い成分として、アルガンオイルを配合。
(泥とソルトにもミネラル成分がありますよ~♪)

これにより、『落とす・引き締める・うるおいを守る』
という3つの機能を完成させたのです♪


泥練洗顔メカニズム

いくら、毛穴汚れが綺麗に落とせても、肌が乾燥してしまっては元も子もないですもんね。
その点、泥練洗顔なら、うるおいを守ってくれるので安心して使えそうです♪






さて、そんな泥練洗顔ですが、3通りの使い方があるんです(*´∀`)b
IMG_4672.jpg

■ねりねり洗顔
泥練洗顔ならではの『ねりねり感』が味わえる洗顔方法♪
少量の水を含ませながら軽く泡立てて使います。

■濃い泡洗顔
洗顔ネットで泡だえ、濃い泡のクッションでマッサージするように洗います。

■密着泥パック
週2~3回のスペシャルケアに♪


というわけで、まずは濃い泡洗顔を実行♪
つかいます~
適量を手にとり、洗顔ネットで泡立てます☆

少量の水を加えながら泡立てると、もっちりとした弾力のある泡に!
あわ
この泡で顔を包み込みとほわほわして気持ちいい~(*´Д`*)

また、洗い流した後の手触りも感動!!

だって、ずっと気になっていた肌のざらつき感がなくなって、つるつるスベスベの感触なんですもの!!

この洗い方、一番のお気に入りかも~(´ー`*)ウンウン♪
だって、本当に肌にやさしいんです。




そして、翌日には、気になるパックも実行~!
 パック中♪
手のひらに適量(約1.5cm)をとり、顔に伸ばします。

これ、約1分で完了しちゃうパックだから、時間のない日でもできちゃうのが嬉しい!(*´∀`)b

このパックをすると、いつもより毛穴が汚れがスッキリ落ちてくれる感じ。
キュッと引き締め効果も期待できますd(-ω・。)

毛穴汚れがクリアになるおかげなのか、肌色もワントーン明るく見えるし、いいことづくめ!



うん。泥洗顔、クセになりそうだよ~!!
もう毎日の洗顔に欠かせませんっ+.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ




IMG_4577.jpg


スポンサーサイト


スポンサードリンク



15:10  |  レビューブログ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mintonn.blog9.fc2.com/tb.php/1262-9f58e115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。